皮膚の治療を受けよう|気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診

気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診

皮膚の治療を受けよう

女医

治療方法や症状の種類

ほくろやいぼは紫外線の影響や加齢など、いろんな原因でできるとされています。基本的に予防法はないので、できた物をそのつど取り除いていくしかありません。治療方については、もぐさを使ったり市販のクリームを塗って治したりする民間療法から医療機関で除去してもらう方法までさまざま存在します。効果はそれぞれ違うので、商品の説明書や医療機関に問い合わせたうえで正しく利用をしましょう。そんな数あるいぼやほくろの治療法の中でも、もっともおすすめなのが医療機関を利用した方法です。医療機関では民間療法より効果が高く安全なやり方で治療できるので、そこを最優先して治療したい方には向いています。なお医療機関で受けられる治療法は、飲み薬や塗り薬による物と外科的な物の二パターンです。さらに治療を受けるうえで適した診療科は、皮膚科か美容皮膚科あるいは美容整形外科になります。いずれの病院も治療ができることには変わりませんが、それぞれ料金や保険の適用の有無に違いがあるので事前に確認してから受けるようにしてください。多くのほくろは治療する必要のない良性の腫瘍のため、無理をして治療を受ける必要はありません。ただし外見に影響がある物や、悪化する可能性の高い物など放置できかねる理由がある場合は治療をしておくべきでしょう。たとえばよくある尋常性疣贅や扁平性疣贅は、ヒトパピローマウイルスが原因の感染性のいぼです。このタイプは体中のどこにでもできるうえ、色や大きさもさまざまなので他のいぼやほくろと間違えられることもよくあります。基本的にこのふたつは、時間が経過すれば自然に症状がおさまるうえ危険度はそう高くありません。しかしむやみに傷つけたり潰したりすると感染が広がるため、できるだけ患部に触れないようにすることが大切です。これ以外で要注意なのが、悪性黒色腫や基底細胞がんなどの悪性腫瘍です。見た目は普通のいぼやほくろと見分けが付きづらく、診断する場合は組織を採取して病理検査しなければわかりません。あとは老人性いぼもありますが、こちらについては感染したり命にかかわったりする物ではないので治療しなくても特に問題はないはずです。ただ外見的な物を気にするなら、治療しておくようにしましょう。

Copyright© 2018 気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診 All Rights Reserved.