気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診

傷跡が残り難い治療

顔に触れる女性

レーザー治療が主流

美容整形外科クリニックはただ治療を行うだけでなく、より美しい状態へと導いてくれる審美性の高い治療を提供してくれる医療機関です。ほくろを除去する治療の場合も美容整形外科クリニックの場合は、施術後できるだけ傷跡が残らないような施術を行うのが主流です。現在、美容整形外科クリニックで多く行われているほくろ治療は、炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーといった、レーザーを使用する施術法となっています。炭酸ガスレーザーは肌の細胞水分に反応する特徴があり、ほくろ部分にレーザーを照射したところは熱によって蒸散します。皮膚表面だけでなく奥のほうにまでレーザーが作用するため、炭酸ガスレーザーは盛り上がっているタイプのほくろを除去する効果に優れているのが特徴です。Qスイッチレーザーはメラニン色素に反応するレーザーで、皮膚の黒い部分にレーザーを照射すると、その部分にレーザーの熱が集まります。この熱の作用によってメラニン色素自体を壊して、ほくろを薄くするのがQスイッチレーザーで得られる効果です。一般皮膚科での治療は健康保険が適用される施術が大半ですが、美容整形外科クリニックの場合は自由診療のみとなっています。自由診療となると治療費を全額自己負担しなければならないため、治療を受けたいけれど費用面が不安と感じる人も多いでしょう。もし、美容整形外科クリニックでほくろをレーザー治療で除去した場合は、どのくらいの費用が相場となるのでしょうか。金額は各クリニック、そしてほくろの大きさなどによって変わりますが、炭酸ガスレーザー治療とQスイッチレーザーは、おおむね平均的な価格が決まっています。炭酸ガスレーザー治療の場合、ほくろの大きさが1ミリ未満であれば2000円から5000円程度、5ミリ程度になると4万円程度が相場です。Qスイッチレーザーでの治療の場合も1ミリ以下であれば約2000円程度、5ミリ程度の大きさのものは約3万円程度かかります。小さいほくろであれば数千円という、意外とリーズナブルな費用で除去することができるため、ほくろに悩んでいる人はチャレンジしてみてはいかがでしょう。

Copyright© 2018 気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診 All Rights Reserved.