時間をかけたほうがいい|気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診

気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診

時間をかけたほうがいい

顔に触れる女性

焦りは禁物

美容整形外科でほくろの除去を行なう際、治療方法は2種類あります。ひとつは切除、もうひとつはレーザー治療です。切除はまさに外科的な治療でほくろ部分を切り取り、縫合します。一度で終わらせられるのと、取り残しがほとんどないのがメリットですが、肌への負担が大きく除去した部分がへこんだような傷になることがあります。一方レーザー治療は数回に分けてほくろの色素部分を照射し、削り取るような治療です。回数と時間をかけてじっくりと行なうため通院の手間はありますが、肌への負担は最小限に抑えられます。また、皮膚がへこんでしまうことも防げるという利点があります。ほくろ除去の治療を申し込む際はこの2種類の方法から選ぶことになります。あらかじめどちらかを決めたうえで病院に予約を入れてもいいですが、とりあえずまだ決めかねている旨も伝えて病院の予約を入れて、担当医と相談をしてから治療にうつっていくのが安心できると思われます。特に顔のほくろの場合傷が残ってしまっては後悔することになりますので、事前に電話などで相談してから治療を申し込みましょう。ほくろを除去する際、気を付けなければならないことがあります。それは、ほくろは母斑細胞と呼ばれる皮膚の一部ですので、大きさや根の深さ次第ではへこんだような傷になってしまう可能性があるということです。それを防ぐために、一度ですべて取り除いてしまうのではなく、レーザー治療を何度かに分けて行なって少しずつ除去する方法をとるのをおすすめします。レーザー治療は、少しずつほくろのもとである母斑細胞を削り取っていく治療です。特に顔のほくろを取りたいときは皮膚に負担をかけないよう最小限の範囲で照射していくことが可能です。時間や回数はたくさんとりますが、美容目的で取るのにへこみ傷を作ってしまっては元も子もありません。焦って一度の治療で済ませてしまわずに、じっくり時間をかけて慎重に治療を行なっていきましょう。皮膚へのストレスを軽減して行なうことで、すでに保たれている美しさはそのまま、綺麗な肌を手に入れることが美容外科でほくろ除去を行なうことのメリットともいえます。

Copyright© 2018 気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診 All Rights Reserved.