気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診

時間をかけたほうがいい

顔に触れる女性

ほくろを除去する治療は切除かレーザー治療の2種類に分けられます。それぞれメリットデメリットがあるため申し込みの際は事前に医師と相談するのがおすすめです。特に大きなほくろの場合一度で済ますと傷が残るかもしれませんのでレーザー治療推奨です。

詳しく見る

皮膚の治療を受けよう

女医

ほくろやいぼの治療は、民間療法から医療機関で受ける治療までさまざまあります。多くのほくろやいぼは良性腫瘍のため無理に治療をする必要はありませんが、感染性の物や悪性の物は悪化したり命にかかわったりするので必ず治療をしておきましょう。

詳しく見る

治療の種類を確認

看護師

数が増える・大きくなるといったほくろに、コンプレックスや不安を感じている人は美容外科クリニックで、ほくろ除去治療を受けてみましょう。美容外科クリニックでほくろ除去治療を受ける場合は、治療の種類やドクターの腕を確認することが大切です。

詳しく見る

切除縫合法の特徴

医者

6ミリ以上の大きなほくろも切除縫合法であれば、完全に取り除くことができます。美容整形を行っている美容外科であれば、傷跡が残るリスクも少ないでしょう。施術後役1ヶ月から3ヶ月は、テープで患部を保護する必要があります。

詳しく見る

傷跡が残り難い治療

顔に触れる女性

美容整形外科では傷跡が残り難い、炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーといったレーザー治療で、ほくろを除去するケースが多いようです。炭酸ガスレーザーの相場は2000円程度から4万円程度、Qスイッチレーザーも同様の費用が相場です。

詳しく見る

黒いいぼは簡単に消せる

顔に触れる女性

美容外科による除去施術

顔や体に気になるほくろがあるならば、早めに皮膚科か美容外科クリニックを受診すると簡単に消すことができるのでお勧めです。市販の薬でもほくろを消すことはできますが、それがいぼとしての特性を持っている場合にはクリームをいくらぬってもよくなることはありません。除去クリームも市販されているものは保険が適用されないので高額であり、経済的な観点で見ても病院で対処してもらったほうがいいといえます。皮膚科で受けられる施術はメスやハサミ、液体窒素を用いた除去施術が基本となっているので手っ取り早く消したい場合にお勧めです。しかしよりきれいに肌を仕上げていきたいのであれば、美容外科クリニックで受けられるレーザーや鍼灸のほうがいい結果を得ることができるでしょう。ただ皮膚科の施術に比べて専門の設備と機材を使うことになるので、どうしても高額になるということは知っておくべきです。傷跡が残らないという満足いく結果を得るためであれば美容外科のほうがいいので、消したいほくろの箇所に応じて病院を選ぶといいでしょう。美容整形外科クリニックは炭酸ガスレーザーを用いてほくろといぼを消すことができ、さらにはどこにあったのかわからないほどきれいに肌を仕上げることが可能です。そのため肩などの体の目立つ箇所、特に顔のいぼとほくろに関しては美容整形外科クリニックの治療のほうが皮膚科よりも人気となっています。ただどこの病院に行けばいいのかわからず、とりあえずネットランキング上位のところに行くというのはリスクが高い行為なので気を付けましょう。それというのもネットではわかりやすい情報である費用と相場、そして治療期間のことに注目する傾向が強いので美容外科本来のメリットを享受することが難しいのです。美容外科の人気の理由はきれいに消してもらえるという点であり、安さではないということをしっかり認識して病院を選んでいきましょう。そうすることで顔の気になるいぼとほくろ、もしくはその両方を合わせもつできものをきれいに消すことができるのです。最近は高額なレーザー以外にも鍼灸や内服薬を用いた体に負担の少ない施術もあるので、医師とよく相談して決めるといいでしょう。

Copyright© 2018 気になるほくろは無くしていこう|皮膚科か美容外科クリニックを受診 All Rights Reserved.